コメント

最初から最後まで驚愕の連続。
単なる障害者逆差別映画でも、視聴覚の実験映画でもない。
極端なまでのリアルがむせ返るほどのリアリティーショー。

菊地成孔(音楽家/ 文筆家/ 映画批評)

 

日本語話者である私(たち)はふつう、日本語が通じない人を「何かが欠けた人」だとは思わない。単に別の言語を使う人として、経験上、ある程度想像できる。しかし、同じ視覚を持たない人(視覚障害者)については、つい「視覚の欠けている人」と思いがちである。それを単に、視覚を偏重して生きている私(たち)とは別の感覚を持つ人、として想像するだけで、こんなにも世界が広がる。共感できない世界こそおもしろい。

能町みね子(エッセイスト/漫画家)

 

我々みたいに視覚に頼って同じ映画を観ているつもりの人たち同士だって、話しててそれ同じ映画?みたいなこともあるし、もっと言えば、観ているものは本質的に違う。ましてそれをどう咀嚼するかについては絶対に違うわけで、全部は一致はしないんだけど、すり合わせていって、ここはわかった気がする、けどここはわからないとわかる。そんなもんじゃない人間同士?という、そういう原理的なところまで描いている。

ライムスター宇多丸(ラッパー/ラジオパーソナリティー)
※TBSラジオ「アフター6ジャンクション」より

 

夢みること、もがくこと、生きること、すべての意味が自分の中で変わってゆきました。

穂村弘(歌人)

 

これは希望を与えてくれる映画だ。とはいえ、万人にではない。
なにかしら「自分には絶対にわからないから無理だ」と思っているものを抱えている者にとって、ダイレクトに刺さることだろう。

齋藤陽道(写真家)

 

視座の交代。
これからの世界をどう体験していくのかが、僕たちには大事だ。
僕は現在、左目が見えないけれど一時期は両目が見えなかった。
結局は手術で右目視力は回復したのだが、3週間だけ両目の視力がない世界を体験出来た。
その時、いかに僕らの住む「社会」が視力情報に占められているのかが分かった。
近所のコンビニまでなら道を覚えてるだろうと家から出た瞬間に恐怖を感じた。
車の走行音があまりに大きく、そこから一歩も動けなかった。
『ナイトクルージング』でも加藤さんが車道ギリギリを歩くシーンが登場する。
僕はこの感覚を知ってるぞ!と思った。
ところが加藤さんと話すと違っていたのだ。「先天的な場合と後天的な場合で全然違うと思います。」
そうなのだ。
世界はさらに幅広く、そしてある意味で「豊か」だ
『ナイトクルージング』ではそんな世界の広がりを加藤さんが、そして加藤さんを手伝う様々な人たちが教えてくれる。教えてくれようとしてくれる。
ズレがあるかもしれない。勘違いがあるかもしれない。
その分だけ、様々な視座が重なり合い、世界は豊かになっていく。
そんな生々しい視座の交代を感じられる素晴らしい作品です!

ダースレイダー(ラッパー)

 

主演の加藤さんの常に冷静な人がらに呼応してか、カメラもまた落ち着いて丁寧に加藤さんや映画スタッフの仕事ぶりを追っている。映画作りのことなら多少は自分も知っているはずなのに、彼らの映画作りの過程から目が離せない。耳もいつもより使ったような気がする。冷静沈着な加藤さんが「興奮を抑えるのに必死だった」と告白する場面の、ストレートな感動。最初から最後までスリリングだった。

三宅唱(映画監督)

 

盲目の人たちが生きているのは闇の世界ではない。
光はないかもしれないけど、そこは情報にあふれた豊かな世界なのだ。
僕たちが知っているのとは全く違った世界、今回のような映画つくりを通して、
そんな別の世界が出会い刺激しあったら何を生み出してゆくだろう?
楽しみでしょうがない!

しりあがり寿(漫画家)

 

うまれてはじめて目をつむって映画を観た。どきどきして、不安でもどかしくて、すぐに薄目を開けてしまった。視界を閉じて、想像して、息継ぎみたいに目を開けて、またつむって。暗闇を泳いでいるみたいだ、と思った。映画というのは、観るほうも作るほうも、こんなに自由でいいのだと知りました。

狗飼恭子(作家・脚本家)

 

この映画は徹頭徹尾“裏方”の映画である。光に対して闇、昼よりは夜、映画というスポットライトの陰で生きる有象無象の者たちこそがこの映画の本当の主人公である。同時に佐々木監督自らが目を閉じることで加藤監督に寄り添い、いつからかまことしやかに総合芸術と言われる“映画”というものが、誕生するかしないかの瞬間を私たちと共有しようとする。言うなれば観客もいつの間にか目を閉じて一緒に“裏方”になってしまう映画だ。そしていかにテクノロジーが進歩しようがしまいがその瞬間映画はただ単に“謎”であり夜の果てだ。だからこそ最も危険で刺激的でもあるということをこの映画に関わった全ての人が指し示すことになる。「自動運転じゃあ、つまらないぜ」荒野を走り続ける夜の旅はまだ始まったばかりである。

相澤虎之助(空族/脚本家・映画監督)

 

主演の加藤さんのキャラが強いサイボーグみたいで、目が離せない。映画ができるまでの工程を知ることができるドキュメンタリーでもある。その工程の大変さや面白さに、加藤さんが全盲であることを途中途中忘れてしまう。わたしが好きなのはオーディションするシーン。顔を見ないでどうやって判断するのだろう?今まで、私は容姿で人を判断してきたことが多いと思うのだけれど、その判断はあってたのかな?と疑問に思うようになった。上映中、観客は目が見える世界と見えない世界を行ったり来たりするゴーストになれる。

青羊(けもの/シンガーソングライター)

 

無理難題に取り組む知性たちによる「チャレンジの連打」は多方面にインスピレーションを与えるだろう。
そして最終的に完成した作品については言及は避けるが、誰もが衝撃を受けるはず
障がい者が主役なのに涙ゼロ、怒りゼロ、オモロイだけ。これは新たなステージの作品!

村上賢司(映画監督・テレビディレクター)

 

佐々木誠監督『ナイトクルージング』がいよいよ完成した。
全盲者にとってナイト(夜中)やデイ(日中)は存在するのであろうか。
厳密には存在するかもしれないが、健常者が全盲の闇を旅することとはどんな意味を持つのか。この映画は問いかける。表向きは。
しかし、佐々木監督は常にそのときの題材を通して、映像の本質を解剖してきた。
今回も映像の正体とは果たして何であるのか。イメージと実在、虚像と映像との関係性をとことん突き詰める。
これは全盲者が映画をどう捉えているかや、全盲者のための映画では決してなく、健常者と言われている我々にメスを入れる健常者のための視覚解剖映画である。
いままで誰にも見えなかった映像論である。

これは紛れもなく「デイクルージング」であった。

ヴィヴィアン佐藤(ドラァグクイーン、美術家)